神出観光ぶどう園では新規就農者を募集しています

神出観光ぶどう園では新規就農者を募集しています

神戸市西区神出町東の神出ぶどう観光園ではこのような新規就農者(50歳未満)を募集しています

  • 観光ぶどう園に興味があり、ぶどう栽培を行いたい方
  • 通勤が可能で部会員と積極的に交流できる方
  • 観光ぶどう園の運営に参加して、盛り上げてくれる方

神戸市では、50歳未満の方には、農業次世代人材投資資金が交付されます。

【要請事項】

  • 神出ぶどう部会に参加していただきます
  • 部会員はマスカット・ベーリーAの栽培が必須となります
  • 園内のほ場を借りて他品種を栽培することは可能です
  • 観光ぶどう園の開園期間中(8/25~9/20位)は運営メンバーとして収穫、受付・販売、撤収作業、等に参画して頂きます。
目次

神出観光ぶどう園の就農者への支援

神出観光ぶどう園では、農業未経験者にも丁寧に指導します。

直近6年間でぶどう栽培の未経験者3名が、一から栽培技術を学び、今は園主として活躍しています。

神出観光ぶどう園の代表であり、神出ぶどう部会長岩坂は兵庫楽農生活センターの「ぶどうの学校」の講師でもあり、知識、経験ともに豊かです。

神戸市観光園芸協会、JA、神戸農業改良普及センター、等と共に地域の活性化に取り組んできた神出観光ぶどう園は、新規就農者を育てていきたいと考えています。

ぶどう園の農家が親方農家となり、丁寧に指導しますので、農業未経験者でも問題ありません。

【神出ぶどう部会等の活動】
  1. 栽培講習会(年数回)、総会等行事、県ぶどう研究大会参加
  2. 観光ぶどう園 開園前準備(草刈り、設営等)
  3. 病虫害防除(一斉防除)

神出観光ぶどう園での農地探しと施設整備

神出ぶどう園には空き園が一部あり、一定の技術を習得すると、空き園の園主になれるようサポートします。

ぶどう園の園主になると、ぶどう棚の修復・新規設置、新苗の定植、等は自らが行います。

参考:ぶどう棚の新規設置費用 200万円/10a(設置業者)

神出ぶどう観光園でぶどう栽培する場合は、高額な機械の購入はありません。動噴ホース・竿、剪定ハサミや園芸結束機、ジベレリンカップ、小農具等を用意すれば栽培を始めることが出来ます。

軽トラは日常で有ると便利ですが、軽トラが得意とする運搬作業(藁や肥料、剪定枝の移動)は、近隣のレンタカーを使う方法もあります。(必要日数が少ない)

その他の支援

神出ぶどう園は7農家が力を合わせて観光ぶどう園を運営していますので、栽培技術の習得、新規就農される方など気軽に相談ができる環境です。

役割分担

神出ぶどう部会 担い手・農業体験サポート
・農地借用サポート
・栽培技術指導
・具体的就農に向けた相談・調整
JA兵庫六甲神出支店・就農相談窓口
・農業支援制度
・農地確保のサポート
神戸市・農業支援制度の情報提供、調整、実施
・就農支援
神戸農業改良普及センター・技術指導
・農業支援制度の情報提供、調整、実施
・就農支援

格安賃貸物件も斡旋可能

神出観光ぶどう園近郊の賃貸住宅情報誌に掲載されていない、格安賃貸物件もご紹介可能です。

神出観光ぶどう園の概要 

神出観光ぶどう園は昭和31年にぶどうを初出荷して以来、60年以上の歴史を持っています。

ぶどう狩りと直売を行っている観光ぶどう園として地域に愛され続け、神戸、大阪方面から毎シーズン数千人、ご来園して頂いています。

【管理運営】
神出ぶどう部会(7戸)

【栽培面積と品種】
栽培面積:144.3a
品種:マスカット・ベーリーA、シャインマスカット、ピオーネ、他

【販売形態】
・ぶどう狩り(品種:マスカット・ベーリーA)
・直売(神出観光ぶどう園直売所、JA兵庫六甲 六甲のめぐみ、その他)

収入の目安(マスカット・ベーリーA 10aの事例:2021年)

あくまでも、2021年のマスカット・ベーリーA 10a(1反)の事例となりますが、10a当りの農業収入は約1,200,0000円、経費を差し引いた農業所得は約740,000円となりました。

収入約1,200,0000円の内訳
  1. 3,346房×@298=1,000,089円
    マスカットベリーAのみの神出観光ぶどう園買取額
  2. 観光ぶどう園へ出役料収入が約200,000円/年
    共同作業による対価が支払われます。

ただし、シャインマスカット、ピオーネ等も栽培し、神出観光ぶどう園直売所で販売すれば、+1,500,000円程度の収入が見込めます。

経費約460,000円の内訳
  1. 資材費:225,400円
  2. 地 代:  45,000円
  3. 水利費:  70,000円
  4. その他:120,000円

労働時間の目安

マスカット・ベーリーA:457時間
ピオーネ:372時間
10a当たりの年間労働時間(兵庫県地域農業経営指導ハンドブックより)

地域の概要(神戸市西区)

神戸市西区は神戸市内の北西部に位置し、神出町は三木市、稲美町と隣接しています。

神戸市の人口1,518,870人のうち、西区には人口約249,000人、神出町には約7,400人が生活しています。

瀬戸内式気候に属しており、年間平均気温は16.7度と1年を通して温暖な気候です。気温の年較差・日較差が大きい内陸型の特徴をあわせ持っているため、農産物の生産に適した地域です。

神戸市西区神出町の農業について

緑豊かな雌岡山や美しい田園風景が広がる神戸市西区神出町の面積は約1,980ha、農地面積は約553haです。

水稲以外にいちぢく、なし、さつまいも、ブロッコリー、モロヘイヤ、等が主要作物として栽培されています。

また、なしやぶどうの観光農園、新鮮な朝採り野菜の農産物直売所、農を楽しむ貸し農園など、農業に触れ合う空間もいっぱいです。全国疎水百選に選ばれた淡山疎水、季節を彩る花や稲穂。

雌岡山から眺めた田園風景は、「神戸らしい眺望景観10選」にも選出され、観光農園に力を入れ、地域の活性化に取り組んでいます。

  • 神出観光ぶどう園
  • 神戸観光なし園
  • さつまいも堀り農園
    (老ノ口いも堀り農園、古神いも堀り農園、五百蔵いも掘り農園、小束野農園、神出ファームレッジなど)

観光として、雌岡山(めっこうさん)、神出神社、雄岡山(おっこうさん)、御茶山、淡山疎水、呉錦堂池、楽農生活センターなどがあります。

目次
閉じる